そもそものスタートは高校数学の指導から

今、専ら小中学生の学習補助や受験対策を行っているので、小中学生しか教えられないと思われがちですが、私のレッスン歴はかれこれ25年前に高校生の数学を教えたのが始まりました。
当時一番好きな科目が数学だったので、文系数学をメインに教えていたのです。

今度高校生になるという生徒さんがいますが、私は今ことあるごとに高校数学まで踏み込んでレッスンしています。中学-高校と筋を通して学習すると、回り道することなく効率よく学習できることが分かっているからです。
特に方程式や関数のところは、高校レベルまで踏み込んで学習する方がスムーズに流れていくように感じています。中学数学だけを教えるのか、それとも高校数学まで教えられるのかというのは大きな違いだと思っています。

今回のレッスンでは、二次方程式の解の公式から始まって、判別式まで解説しました。また二次関数(曲線)と一次関数(直線)との交点を求めることをテーマにして、それはyを消去してxの二次方程式に持ち込んで解けば良いのですが、判別式を使えば曲線と直線が2点で交わるのか、接するのか、それとも交わらないのかを簡単に判断できるという解説までやってしまいました。

スカイプレッスンという形は講師の顔が見えないので、なかなか壁は厚くて高いようです。
でも一度受講した方からは満足の評価も得ていますし、実際受講コマ数を増やした方もいます。

興味がある方は遠慮なく体験レッスンをお申込みください。さまざまな学年、いろいろな教科に対応しています。

[PR]
by wp636 | 2017-07-15 08:13 | レッスン | Comments(0)