蓮舫民進党党首の二重国籍問題について

もともとキャンペーンガール出身でタレントだった蓮舫さんにしてみれば、政治家に転身して政党の党首になることなんて考えもしなかったことでしょう。

彼女は台湾人の父と日本人の母を持つ二重国籍者でした。たしか日本に生まれ、外国籍を持つものを親に持つ場合、22歳までにどちらかの国籍を選択しなければなりませんが、それを怠ってきたようです。恐らく意図的にでしょう。

自分はドイツに住んでいますが、二重国籍が認められるなら絶対保持しようと思います。それが普通の感覚でしょう。どちらの国籍も保持できるなら得なように思いませんか?まして一度単一国籍を選択したら元に戻せないと知ったらなおのこと、触れず語らずに黙っていようと。
蓮舫さんにしてみれば、まさかタレントが政治家に転出するなんて考えもしなかったでしょうから、自分の二重国籍が政治家としての生命を危うくするなんて思いも寄らなかったのでしょう。

ただ、さすがに国会議員になり、政党の党首すなわち内閣総理大臣になる可能性のある人物となるとうやむやにはできないです。
残念ながら次の選挙に当選できるかも微妙になってしまいましたね。

ドイツの統計では外国人率が7%といいますが、ドイツで生まれてドイツ籍を持っている人はこの統計に含まれていないと考えられます。
たったの7%の外国人だなんて、とても思えないです。もっといますよ!
ドイツでもこの二重国籍問題はテレビなどで度々取り上げられています。現在私の住む住宅の大家さんはトルコ人ですが、どうもトルコでは二重国籍がOKらしいのです。驚きました。旦那さんも奥さんもドイツに住んで20年以上になりますが、二人いる娘さんはドイツ語の方が母語のような感じ。恐らく彼女たちが二重国籍者なのでしょう。

蓮舫党首の件をきっかけに、日本でも二重国籍の問題について深く討議した方がよいです。この先日本に入ってくる外国人の数は増える一方だと考えられるからです。
私は個人的には蓮舫党首を非難しようとは思いません。ただこの手の問題は実際に何らかのスキャンダルが出ないと議論の対象にならないのが事実。良いきっかけになったのではないでしょうか?


[PR]
by wp636 | 2017-07-28 07:23 | 日常生活 | Comments(0)