数学が苦手なお子さんは多いです。
塾でも家庭教師でも、最もニーズがあるのは数学です。

 さて「数学ができるようになるために必要なことは何か」と尋ねられれば、おそらく計算力と思考力を養うことと答える方が多いのではないでしょうか?
実際中学生の学習内容をよくよく見ると、まずは計算問題を解けるようにして、その後文章題などの応用問題を解けるようにするのが普通です。例えば方程式の学習。まずは両辺に同じ数を足す(引く)・両辺に同じ数を掛ける(で割る)などの一連の作業を教えて、方程式の計算問題を解けるようにします。その後、速さや濃度、割合などの文章問題を解くと。
私もまずは計算問題を解けるように解説をし、たくさんの計算問題を宿題に出します。その後さまざまなタイプの応用問題を一緒に解いて出題パターンを習得してもらいます。

 でも、その前にもっと重要なことがあるのを忘れてはいけません。それは『ノートの取り方(の書き方)を身に着けさせること』です。
もしもご自分のお子さんが数学を苦手にしているようでしたら、まずはお子さんの使っているノートを見てみましょう。
大抵雑記帳のような、あるいはメモ書きのようなノートになっているはずです。つまりノートの書き方を知らないわけです。
ノートの書き方を知らない子どもは、テストでもメモ書きのような計算をしますから、一度解いた問題を後で振り返ることができません。
見直そうとすれば、それはもう一度最初から解くということになります。
そして最初と二度目の計算で答えが異なった場合、どうして違う答えが出たのか、その理由が分かりませんし、どちらの答えを解答用紙に書いてよいのかも分かりません。最悪の場合、もう一度計算をして、また違う答えが出てしまい途方に暮れてしまうと・・・
これでは数学が好きになるわけがないですし、得点も伸び悩むこと必至です。

 以前、私は計算力をつけることと応用力を養うことに重点を置いていましたが、今はまずノートの取り方を徹底的に指導しています。
きちんとしたノートの取り方を身に着ければ見直し力がアップしますし、計算間違いを自分で見つけることができます。
それまで試験問題の余白にチャチャッとメモ書きのように計算していたお子さんが、丁寧に計算過程を改行しながら書くようになったら、それだけで計算ミスも少なくなり得点も飛躍的に向上したという例をいくつも目にしてきました。

 この『ノートの取り方を教える』という過程がなかなか時間の掛かる・根気の要ることなのです。
なぜ講師が黒板(ホワイトボード)に改行しながら丁寧に計算過程を書いているのか? 生徒さんの方では「わたしに見やすいようにしているだけ」と思っていることが意外に多い。つまり授業のために特別にそうしていると思われていることがあるのです。
講師でもこの点を見落としている場合があります。決してそういうことではないのです。テストでもきちんと問題番号を書いて、それから丁寧に計算過程を残す形で書いていく。見直しとは、自分の書いた計算過程を再び目で追っていくことであると。

 一度身に着けたノートの取り方はそうそう簡単には忘れません。そしてこの骨の折れる作業が大学受験まで、いやその先の学習にまで生きてきます。

 今日は数学力を伸ばすために必要なことは、まず『ノートの取り方を教えることである』というお話をしました。
是非一度、お子さんの数学のノートをご覧になってみてください。

[PR]
by wp636 | 2017-06-14 10:55 | Comments(0)

英語の文、それもthat節の文を学ぶと以下のような英作文が登場します。

「私はそれが良いアイディアとは思わない。」
I think that~
とthat is a good idea.の文をどう繋ぐかってところがポイントとなります。

やろうと思えば二通りの文が考えられます。
(1) I think that that isn't a good idea.
(2) I don't think that that is a good idea.

どちらが正解なのでしょう?どちらでも良いのでしょうか?

私は学生時代、(2)で書くように教わりました。でもなぜ?という疑問に明快な答えを得られなかったように思います。そういうものなのだから、そう覚えなさいと。。。
どうも英語圏の人はThat is a good idea.だと思っている相手の考えを否定しない、という相手尊重の立場からこういった文を構成するらしいのです。
あなたは(あるいは他の人は)それは良いアイディアだと思っているようですが、私はそうは思わない、と。
That isn't a good idea.と表明すれば、そのアイディアは良くないですね、と他人の考えを否定した感じになる。そこを避けたいと。

ところがドイツ語ではどうでしょうか?
Ich meine (denke), das ist keine gute Idee.
不定冠詞の付いた名詞を否定するわけですから、keine gute Ideeとするよりほか方法がありません。Das ist eine gute Idee nicht.という文否定は決してやらないわけです(A1レベル)。
でも英語圏の人からすればno good idea「ちっとも良くないアイディア」ですよ。すごく違和感があるのではないでしょうか?

では英語風にIch meine nicht, das ist eine gute Idee.とやるとどうか?
これにはドイツ人の方が???っていう印象を抱くのだとか。「私は考えない・・・」そもそも考えないのっ!と。
思い起こせば、確かにこの文構造って耳にしたことがないです。

英語とドイツ語は兄弟ではないですが、従兄弟くらいの関係にはある近しい言語です。
でも文法を丁寧に学習すると、その言葉を話す国民性や文化が見えてきます。これが多言語を学ぶ楽しさの一つともいえるでしょう。

英語の得意な日本人駐在員さんにドイツ語を教えると、このkeine gute Ideeを解説する際にほぼ間違いなくビックリされますね。
頻繁にno+名詞の文を話しているわけなので。
でも当のドイツ人は平気で0(ゼロ名詞)を用いて会話しているわけです。
面白いとは思いませんか?



[PR]
by wp636 | 2017-06-12 08:15 | Comments(0)