先日、生徒さんからこんな質問をされました。
「先生、なぜ私たちは数学を学ばなければならないのですか?」

 私は何か身近な例はないものかと考えてから、次のように答えました。
「仮にあなたが100万円を銀行に貯金したとして、それも年利2%(複利)というとても有利な条件で貯金できたとして、10年後に一体いくら受け取れるのか計算できますか?」
「数学を勉強しないでいたら、正確には計算できないよね?世の中、計算が必要になる場面っていくらでもあるんだよ。」
「もっとも、この話は自分が利息を受け取る側だから、計算ができなくても別に損をする話ではない。でももしもあなたが大きな買い物をしようとする場合、例えば車を買ったり家を買ったりする場合、お金を借りなければならないことになる。まさか利息も無しでお金を貸してくれる親切な人なんてそうそういませんね。そうなると借りたお金は利子を付けて返済しないといけない。この時一体将来に渡っていくらお金を払わなければならないのか、しっかり計算できないと不安じゃない?」

 この生徒さんは「10年後に受け取れる利息の総額を計算する方法を教えてください」と言ってきました。ここで累乗という学習が効力を発揮するわけです。

 後日学校の数学の先生に、この生徒さんは同じ質問をしたそうです。
すると先生はこう答えました。
「数学を勉強するのは、将来役に立つからです。今は実感が湧かなくてもきっと将来の役に立ちます。」
これでは誰もやる気なんて出さないでしょう。「果たして学校で数学なんて勉強する必要なんてあるの?」ってより深い疑問を抱くでしょう。

 現在の中学生は3年生の終わり頃になると三角比を学習するそうです。
同じく生徒さんから「三角比なんて学習する意味あるんですか?サイン、コサイン、タンジェントを覚えて何の役に立つのですか?」と質問されました。
そこで測量というお仕事があり、異なる3点を結んで三角形を作り、出来上がった角度を測って距離を求める話をしました。
また中学1年生の地理で覚えさせられた三角点の意味を解説。測量と大いに関係があることを話すと納得してくれました。
 興味津々のこの生徒さんは、同じ質問を同じく数学の先生にぶつけてみたそうです。
すると・・・・・先生はさんざん考えてから「う~ん、将来何かの役に立つんだよ」と答えたそうです。

 子どもは何に対しても興味を抱く生きもの。素朴な質問に大人は真摯に答えてあげたいものです。
でもあまり遠い将来に役立つと言われても、やる気を刺激され努力することに繋がるとはとても思えません。
なるべき身近な話題で、しかも近い将来に効果が上がるような(成果を実感できるような)話をしてあげたいものです。

 残念ながら学校の先生という方々は、そのほとんどが大学を卒業してすぐに教職員試験を受けて教師になった人たちです。
知っている世界が学校周辺に限定されています、つまり知っている世界が狭いという難点があります。
しかも現代の教師の方々はやることが多すぎる。学校に拘束される時間が長すぎるのです。休日にまったくの異業種の人たちと交流を持ったりする時間もなかなか持てません(部活動の対外遠征試合や大会への参加などが、先生方の大きな負担になっていると話題に挙がっていますよね?)。恐らく学生時代は成績優秀で、学校の先生からの受けも良かった人たちだと考えられます。特に何も言われなくてもきちんと宿題を片付け、テストでも良い点数を取っていたのではないでしょうか?
だからこそ、学習する意味など熱く語る必要も感じない、と。

 子どもが抱く素朴な質問を軽く受け流すのではなく、どれだけ大人が真剣に答えられるか?
一見何気ないことが子どものやる気に、将来の進路に、大きく影響することを常々意識しておきたいものです。

[PR]
by wp636 | 2017-05-10 04:18 | 子育て | Comments(0)

 タイトルにあるとおり、例えばお子さんが学校の算数のテストで90点を取って帰ってきたらどう言葉を掛けてあげますか?

 何気ない問いかけですが、お子さんの可能性を伸ばせるか否かのとても重要な投げかけです。
これまで進学塾で専任講師を務めたこともありますが、実にさまざまな保護者の方々を見てきました。
お子さんがテストで90点を取るということ自体、私は素晴らしいことだと思うのですが、実はストレートにこの結果を褒める方ばかりではありません。以下に考えられる言葉を挙げていきましょう。

1)無条件に褒める
問題が易しかったか否かとか、クラスの平均点がどうだったかなどは一切聞かずに「よくやったわね」「凄いじゃない!」と言って褒めてあげる。

2)褒めるは褒めるが一言加える
「あなたよりも出来た子がいるの?」とか「クラスの平均点は何点だったの?」とか、はたまた「結構易しい問題ばかりだったんじゃないの?」など、「凄いわねえ」と一旦は褒めたものの、その後にいろいろと尋ねてしまう、あるいは周囲と比較してどういう結果だったのか把握しようとしてしまうパターン。

3)できなかった10点のことを問い質す。
これは自分に厳しい保護者さんに多い反応のように思います。問題をサッと眺めて、間違えたところに「これは計算ミスだね。ここが取れれば100点だったんじゃないか?」と完璧を求める言い方です。

 わが子を無条件で褒めるということは、できそうでいてなかなかできません。照れもあるかもしれないですし、甘やかすのは良くないと考える方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも私は、子どもの時分は無条件に褒めてあげることがとても大切だと考えています。どんな子どもであれ、親に褒めてもらいたいに決まっています。親に喜んでもらいたいと思っているはずです。
だからクラスの平均点だとか、問題の難易度など問うことなく、90点という素晴らしい点数を褒めてあげるべきです。
そうすることで、「次回のテストもやってやるぞ!」と子どもは思うのです。子どもは本来そうした素直な存在です。

2)の褒めるは褒めるが一言加える、は1)と大した差がないように思われがちです。しかしせっかく褒めたことによる高揚感・満足感が、付け加えられた一言で大きく減じられてしまう可能性があります。
子どもに注意点を述べる場合、「一つの指摘に対して10褒めよ」という言葉があるくらいです。子どもは素直なだけに、褒めた後の注意点に対しても素直にがっくりきてしまうことがあると肝に銘じておきたいですね。

3)この対応は塾時代、何度も目にしてきました。
残念ながら、そうした子どもは「どうせ頑張っても褒めてもらえない」「満点以外はどれも変わりがない」という風に自己肯定感の極めて低い子になってしまいがちです。
勉強は修行ではありません。本来、学ぶということは知る喜びを体験することであり、決して難行苦行に堪えるような性格のものではないはずです。
小さな頃から事あるごとに「なぜこんな簡単な問題で取りこぼしするんだ」とか「クラスの平均点が85点ならば100点くらい取って当たり前だ」などと言われては、子どもも委縮する一方です。

 お子さんが中学受験をする場合、小学4年生くらいから学習を始めると、これは大変な長丁場です。時に「もっとしっかりやって!」と思うことも、「なぜ点数が伸びないのかしら?」とヤキモキすることもあるでしょう。
ですが、子どもはいつだって親の期待に応えたいと思っていますし、また褒めてほしいと思っているのです。
だから良い点数を取ってきたら無条件に褒めてあげてください。多少照れがあっても尚です。


[PR]
by wp636 | 2017-05-04 05:53 | 子育て | Comments(0)

 自分がレッスンの際、注意して使わないようにしている言葉、それは
「これ分かった?」という質問です。

 大人になるとどうしてもこう考えてしまいがち、
「分かるなら分かると答えるはずだ」「分からないものは分からないと質問してくれるはずだ」と。

 でも子どもはそう考えません。親に愛されたい、学校の先生に褒められたい、塾の先生をがっかりさせたくない・・・
だから「これ分かった?」と尋ねれば、100%「うん、分かった」と答えます。実際のところ分かろうが分からまいが「分かった」と答えます。
 だから指導する者は「これ分かった?」という質問の仕方をしてはいけないのです。これは質問になっていないからです。
代わりに「では次の問題をやってごらん」と復習の意味の問題を与えるのです。復習問題ができなければ分かっていないのです。事実を確認する、そこが大切です。
分かっていないと判断しても、次の言葉を絶対に言ってはいけません。

「もう(すでに)一回こういう問題をやったよね?忘れちゃったの?」とか「どうしてできないの?」など

 こういう言葉を投げられると子どもは絶対に委縮します。勉強が楽しいと思う子どもに育ちません。
確かに一度教えたことを分かっていなかったという事実はちょっと切ないです。しかも「分かった?」と質問した際「うん、分かった」と答えられたら尚のこと切ないです。
でもそこはじっと我慢して、「じゃあもう一回一緒に問題を解いてみようか?」と誘ってあげるのです。
そうすると子どもは安心して問題に挑戦していけるのです。くじけないで勉強を続ける子どもになるのです。

 しかし、自分の子どもだからこそ「分かってほしい」「しっかり解けるようになってほしい」という気持ちが先行してしまい、ついつい「一度説明したじゃない!」とか「どうしてできないの?」と感情的になりがちです。

 外部の人間、すなわち学習塾とか家庭教師とかが有効なのは、身内ということを離れて客観的に生徒さんと接することができるからでしょう。
以前、ある生徒さんから「先生、また同じ説明をさせてしまって申し訳ありません」と言われたことがあります。正直言ってビックリしましたし、大変なショックを受けました。この生徒さんが私のレッスンを受けて2回目だったか3回目のことだったと思います。
その時言葉を失ってしまったのは、この生徒さんが私に出会う以前にどういう言葉を投げられてきたか想像できてしまったからです。

 大人が良かれと思って投げかける言葉が、時として子どもにとって深く心に残ってしまう、良い意味でではなく悪い意味で・・・
自分の発する言葉には細心の注意が必要だと日々肝に銘じています。

[PR]
by wp636 | 2017-04-23 05:25 | 子育て | Comments(0)