一応経済学部出身なので、マーケティングには興味があります。個人レッスンの形態をお宅訪問型からスカイプによるライブレッスンに替えて、ネットによるマーケティングの重要度が上がったのは間違いないです。これまでデジタル機器からほど遠い生活を送っていましたが、スマホを買ったりLINEなどのAppを利用したマーケティングを展開し始めました。興味深いのは、ホームページでの見え方とスマホでの見え方が異なる点。考えてもみなかったことなので、友人から指摘を受けてビックリしました。
実際に自分のスマホで見ても今一つの映り加減で、こういう点を少しずつ改善していこうと思います。

さまざまな形で自分のレッスンを宣伝した成果でしょうか?googleで「ペンギン先生」と検索すると、1頁目に表示されるようになりました。
リピート訪問してもらえるようなホームページになるよう試行錯誤を続けていこうと思います。

[PR]
by wp636 | 2017-08-19 18:41 | What's NEW! | Comments(0)

 インターネットの普及した21世紀。
私は場所的制約を超えるためスカイプを利用してレッスンを行っています。
自分が教えるだけでなく、ネット通信による講座やレッスンを受けてもいます。つまり私は教える側であり、教わる側の人間でもあるのです。

 以前私はドイツの或る大学で経済学部に所属していました。驚いたことに定員の倍近い生徒を受け入れていたので、毎回の授業は座席の争奪戦。講義が始まれば幼稚園かと思うほど騒がしい講堂・教室。叱る大学教授。スマホいじりに買い食い。落ち着きのない授業風景。
馬鹿馬鹿しくて退学しました。

 でも学ぶことは大好きなので、今でもインターネットで通信講座を受講しています。
長い試行錯誤の期間があって、私はようやく自分に合った学び方を見つけたのです。
最初はやはり不安でした。たった独りで画面に向かって勉強して、果たして最後までやり遂げられるだろうか?と。
でも実際に始めてみると、そうした杞憂はどこかへ吹き飛びました。
ビデオによる講義は再生が何度でも可能ですし、意外にも他の受講生とは学校が用意したポータルサイトで交友を図ることができたのです。
 自分の住む国には通信制の大学がいくつかあり、修了試験だけ大都市の試験センターに出て行って受験する必要はありますが、それとて小旅行みたいな浮き立つ気分を味わえます。勉強仲間にも直接会える絶好の機会ですし。
私のような勉強好きには堪らないです。なぜなら学びたいだけ学べるので、元を取り過ぎて余りある状況になるのですから。必要な教材は全てダウンロード可能。講義も再生が可能。不安なこと・疑問点などがあれば担当の相談官に直接電話もできます。

 時代は変わりました!

 もちろんプレゼンスな授業にも良さはあります。でも、講師の話を直接本人から聞かなければ勉強できない時代は終わったと思います。
私はもはやわざわざ決まった曜日にどこかの都市に出て行って、落ち着きのない人たちと一緒に講義に参加する気はないです。
 そう思ったからこそスカイプレッスンを本格化しました。
現在受講中の生徒さんたちも大いに満足してくれています。移動時間をなくして、他のことにもっと有効に時間を使うべきだと思います。

 将来的に、日本の大学院にインターネット通信制で通いたいのですが、日本ではそのような学校がほとんどありません。
早稲田大学の人間科学部がネットだけで修了できる学科を創設しましたが、卒業するまでになんと400万円もします!人を馬鹿にするのもいい加減にしろ!って感じです。「早稲田ブランドが通学無しで手に入るのだから400万円くらい安いものだろう」という傲慢さが伺えます。

 日本の大学は無駄に校舎を拡張してしまったので、ネット通信制を広める努力をしません。特に文系大学はネット通信制の学部を創設したら学校全体を崩壊させかねないとして、ほとんど講座をオープンにしていません。

 逆に京都造形芸術大学のように芸術概論などの文系科目をネット通信制(手のひら芸大)でオープンにし、建築やデザイン学科のように、校舎に通って直接作品を制作しないといけない学科は、通信制対象から外して校舎運営をしていくというやり方で成功している例もあります。
 
 海外に住んでいると、日本は箱モノを抱えすぎで腰が重いなと思います。そうこうしているうちに、MITやハーバードなどは単位修了試験には高額な試験代を課すものの、世界中の人たちに講義をオープンにすることでどんどん他の大学に差をつけています。
そもそも日本語で講義するだけでハンディのある日本の大学が、従来のプレゼンスな講義に固執していたらどんどん世界から遅れていくことでしょう。

 もう教室という箱にみんなで一斉に収まって勉強する時代は終わったと思います。
自分の最もリラックスして集中できる環境で最高の講義を受ける。インターネット時代の新たな学び方だと断言できます。

[PR]
by wp636 | 2017-04-21 04:03 | What's NEW! | Comments(0)