ドイツに住んでいると、特に単身で留学なりお仕事の都合なりで滞在となると、心配する両親から心のこもった贈り物が山盛り届くこともあるでしょう。
しかしこれが税関ではとっても目立ってしまい、検査の対象になってしまうことがあります。
せっかく贈ってもらった物なのに、高額な輸入関税が課せられると泣くに泣けないですよね?
この税関留め置きのバージョンには二点あって、
(1)中身が疑わしいと判断されたとき
(2)中身の価格がどうも輸入関税を課せられるもののようだけれど、一体その額をいくらにしたものか不明なとき(中身を開封してもらって実地で計測する)

私は一度日本の通信講座に挑戦した際、まとめて段ボールに詰め込まれたテキストとDVDが税関で差し止められてしまった苦い経験があります。
それがまた泣くに泣けないのが、学校から内容の一覧表と領収書がセットで添付されていたこと。
妻が税関まで代理で出掛けていってくれたのですが(もちろん代理人受け取りに関する書類を一筆書いて私がサインしたものを持参しました)、「この小包を開けて頂戴」と言われて(強制的に開ける権限があるはずなのにね)妻が素直に開封するや否や、中身を確認する前にさっと領収書を税関官吏が取り押さえてしまいました。その間わずか0.3秒!
そして、日本語が読めないながらも数字は物語る!どれが何を指しているのか翻訳しろと言われ、中身を知らない妻は推測で説明(大体正解)。それをもとに素早く電卓が叩かれ、あっという間に130ユーロ輸入関税を支払わされる羽目に。
あゝ、講座代だけでも高額だったのに・・・やられた感で一杯になる。

昔は胃カメラのようなスコープを利用して段ボールの中身をチェックしていたはずなのになァ。財産権の侵害か?なにか問題視されたのか?一応は受領人の承認を得てから開封するようになったのかしら?

それにしても不思議なのが、税関で差し止めた商品をDHL(Deutsche Post)を使って再配送してもらえるというサービスがあります。
中身に疑義があっても、このサービスを使えば税関に出向かなくても済むのでしょうか?そんなことあり得ませんよね。。。
輸入関税が課せられる際は、送料とともに課税の請求書も同封されてくるのでしょうか?小包を引き受けるとの署名がなされたら、情け容赦なく開封し輸入関税を課してしまう、と。
二つの小包が同時に日本から送付されて、それらが同時に税関で引っ掛かった場合、転送サービスをしてもらうと当然28.9ユーロの2倍を支払うのですよね?これは財政的にはかなり痛い!

新品の服などを送ってもらう時は必ず値札を外すこと。円表示のついたタグなど問題外!
仮に課税されることになっても言い値でなんとか最低限の課税で切り抜けられるますよ。「こんな新品の服がそんな安い値段で買えるわけない」とか言われたら、日本では良い商品が安く買えるのです。だから送ってもらったの!とか主張すればなんとか最低限度の出費で済ませるでしょう。
新品の衣類は一度洗濯しないと着ない性質だという方は、もうこの際甘えちゃって実家で洗ってから送ってもらう方法も有効。
一度着たってことになれば中古品で通せますよ。

たしかに輸入に関税が課せられるのは頭では分かるのです。でも私や妻のように日本サイズでもSタイプにはドイツで合う服が見つけられないのです。そこは分かってほしい。
別に商売しようってわけではないし、一応日本では消費税分納めているので、そこは何とか斟酌を!っていつも思います。

[PR]
by wp636 | 2017-08-27 06:52 | 日常生活 | Comments(0)

外国語への扉

日本人にとって、つとに重要な外国語は英語であり、ほとんどの場合これが最初の外国語です。
今のところ中学1年生で英語の学習を始め、高校3年生までは最低でも英語を学び続けます。
自分も例に漏れず、中学1年生から英語の学習を始め、大学の教養課程まで8年間英語を学びました。
そうなると、必然的に「英語が外国語のスタンダード」だと思い込んでしまう。「英語が外国語の標準的な文法に則っている」と考えてしまいがち。

友人にも言われましたが「お前、海外志向だったっけ?」と首を傾げられるほど、海外での生活に興味がありませんでした。
英語の文法的理解は得意でしたが、これを使って世界に羽ばたこうなどと考えもしなかったです。
しかし、社会人をやりながら夜間の大学に通ったのがきっかけで、再び外国語を学ぶ機会に出会いました、それも英語以外の言語に。

たまたまその大学ではドイツ人の先生にドイツ語を学ぶことができると知り、「何となく面白そう」といういい加減な気持ちで受講を始めました。それがどうしたことか?今ドイツに住んでいます。

自分が今も恩師であるドイツ人のA先生の講義を受けて衝撃的だったのは、ドイツ語の疑問文がとってもシンプルだったこと。
英語では否定文・疑問文の作り方が異なるという理由から、動詞をbe動詞と一般動詞に分けますが、ドイツ語ではこの2者を分ける必要がありません。
つまり動詞を文頭に出して主語とひっくり返し、文末に疑問符(?)を付ける、と。
He plays soccer. ---> Does he play soccer?  (ちなみに He is a soccer player. ---> Is he a soccer player?)
Er spielt Fußball. ---> Spielt er Fußball?    (ちなみに Er ist Fußballspieler. ---> Ist er Fußballspieler?)
上記のように、ドイツ語では一般動詞の疑問文に助動詞doやdoesが不要なのです。このことを学んだときの衝撃と感動は今でも忘れられません。「英語以外の外国語って、自分の思いも寄らないルールが存在しているんだろうな」と思ったときの高揚感。
いきおい先生に講義後話しかけたら、「英語をね、日本人は中学から大学まで8年間も勉強するでしょ?それなのに身につかない。面白いのは、8年もやって身につかない言語を、社会人になっても事あるごとに思い出し、その度に学習をし直そうとする。だから英語コンプレックスの人が多いと思うんだ。世界にはさまざまな言語がある。8年間も学習して身に付かなかった言語なら潔く諦めて、せっかくなら他の言語をやればいいのにねぇ」

私はいわゆる「英語のできる生徒」だったけれど、この言葉に感化されて本格的にドイツ語の学習を開始。日本を飛び出すことになりました。恩師A先生からは「君が私の28年間ドイツ語講師人生で、ドイツ語をマスターした最高の生徒。大したものだ」と褒められました。

先生は私の模範です。なぜなら先生は30ヵ国語以上を操れる言語学者であり、外国語を学ぶ楽しさを私に教えてくれた恩師だからです。
今も私の手元にはさまざまな外国語のテキストが置いてあり、暇なときに眺めていますが、もはや「英語が文法の世界標準だ」という先入観はまったくありません。むしろあらゆる名詞に性別があるほうが多数派だと思ってしまうほど(英語の名詞には性別がない)。

先日もドイツ語のレッスンで疑問文の作り方を説明している際、12年前のドイツ語講義での感動が蘇ってきました。
英語以外の外国語を学ぶのって、視界を広げるにはもってこいだと私は確信しています。

次はどんな言語を学ぼうかしら?

[PR]
by wp636 | 2017-08-25 13:32 | ドイツ語 | Comments(0)

先日、日本の友人と一緒にオランダ・ユトレヒトに行ってきました。
お目当てはデュック・ブルーナ美術館(ミッフィー博物館)。
車ではなく鉄道で行ったのですが、なぜか帰路、乗り物酔いしてしまいました。もともと乗り物に酔いやすい体質ですが、カーブをうねうね走っているわけでもないのに気分が悪くなってしまいました。

友人は言いました。「鉄道の軌道が真っすぐだね」「どこまでも線路が見えるよ」と。
そうなんです、軌道は真っすぐなのです。それなのに酔ってしまう。。。

それがオランダから国境を越えてドイツに入ったあたりから回復してきました。本当に計ったように元気になる。
なぜだろう?と考えていると思いつくことが一つ。
それは鉄道の軌道は真っすぐなのですが、オランダを走行中は上下に結構揺れる・ブレる感じがしたのです。
ところが国境を越えてドイツ領内に入ると途端に静かになったと。
一見するとまったく同じ鉄道軌道ですが、運行管理している技術水準に違いがあるのではないかと推測しています。

以前、フランスのアルザス地方を車で旅したことがありました。
その際一番驚いたのは、フランスの美しさではなく、走行中に見た自動車道の大きな陥没!
四輪車は問題ないかもしれない。でも私のようなバイク乗りには「これ嵌ったら大変なことになりはしないか?」という大きな不安が頭をよぎりました。
一方、ドイツのアウトバーン。一般車は無料で通行できて、しかも大きな欠陥も目にしたことがありません。道路の整備環境も欧州一なのかもしれません。

車乗りの友人の一言が今も忘れられません。「こんな道路を速度無制限で走れるなんて夢みたい」
実際は速度制限が付いているところが多いわけですが、それでも日本の道路環境とは雲泥の差であることは間違いないですね。

[PR]
by wp636 | 2017-08-22 11:54 | | Comments(0)

一応経済学部出身なので、マーケティングには興味があります。個人レッスンの形態をお宅訪問型からスカイプによるライブレッスンに替えて、ネットによるマーケティングの重要度が上がったのは間違いないです。これまでデジタル機器からほど遠い生活を送っていましたが、スマホを買ったりLINEなどのAppを利用したマーケティングを展開し始めました。興味深いのは、ホームページでの見え方とスマホでの見え方が異なる点。考えてもみなかったことなので、友人から指摘を受けてビックリしました。
実際に自分のスマホで見ても今一つの映り加減で、こういう点を少しずつ改善していこうと思います。

さまざまな形で自分のレッスンを宣伝した成果でしょうか?googleで「ペンギン先生」と検索すると、1頁目に表示されるようになりました。
リピート訪問してもらえるようなホームページになるよう試行錯誤を続けていこうと思います。

[PR]
by wp636 | 2017-08-19 18:41 | What's NEW! | Comments(0)

一昨日、日本の友人と一緒にオランダ・ユトレヒトに出掛けてきました。

オランダ語の離せない私たちにとっては、勇気をもって「ドイツ語話せますか?」と尋ねる必要に駆られるのですが、これは切ないことです。
多くの人は英語が世界共通語で、これさえあれば世界中どこでも旅ができると思っている。でもこの考え方は一面正しく、他面そうとも言えないと私は考えます。

なぜなら「英語を話せますか?」と尋ねた瞬間に相手との壁が築かれるからです。オランダという国家が世界経済や世界産業に与えるインパクトはそれほど大きくないかもしれない。だからこの国の人たちは英語やドイツ語が堪能です。生き残るための手段として他言語を身に着けているのです。しかし母国語は別にあり、その言葉は国民性やその国に住む国民の誇りに直結しています。
そこを忘れてはなりません。
片言でもオランダ語で話してみる。すると相手は絶対に心を開く・心のうちで絶対に喜んでいる。そういうものでしょう。頭っから英語で話しかけるのとは印象が全然違うはずです。

私は海外に出るのを毎回ちょっと躊躇い、そして出掛けていった後必ず「行って良かったなァ。そして言葉って大事だなぁ」と改めて思うのです。
こうした経験を外国語を勉強する原動力にしています。

私にとって海外に出るとは何か?と尋ねられたら、それは「言葉の大切さを知る機会」に尽きます。
今回の旅では当然「オランダ語いいねぇ」という感想を持ったわけです。

[PR]
by wp636 | 2017-08-13 15:03 | 日常生活 | Comments(0)

先日、会社で在庫の一斉棚卸しが行われました。
倉庫にある何千という商品を従業員総出で一つ一つ数えていくのです。
普段一日中椅子に座り、パソコンに向かって経理の仕事をしている自分にはきっつい体力仕事でした。もう40代ですし、この手の肉体労働は実にこたえます。

さて倉庫はだだっ広く、また今年入社の私には知らないことばかり。何がどこに保管されているかなど考えもせずに働いていますから。
倉庫担当の方にリストをもらい、該当する商品を探し出してひたすら数えていきます。
ただ、この商品探しに一苦労。目に付くところに商品が並べてあればよいのですが、段ボールに入っていたり、最新の商品で紐解かれていないものなどは、どこにどう保管されているのか素人には分かろうはずもありません。

そうなると倉庫担当の方に質問するのが一番手っ取り早い。なんでも知っている、まさにその言葉にピッタリの歩く倉庫辞典ですから。
商品の形状や色合いなどもすべて頭に入っており、それがどういう経緯でどこに保管されているかも瞬時に答えられる。本当に凄いことだと思います。

しかし。。。昨今のAI(人工知能)を最先端とするコンピュータ・システムは在庫管理にも応用されてきており、従来型の経験がものをいう職場を駆逐しつつあります。その先頭を突っ走るのがジェフ・ベゾス率いるamazonグループでしょう。あれだけの多種多様な商品を大量に取扱い、数日以内に(事によっては当日中に)指定された場所へと配送されるシステムを構築しています。
この会社の財務諸表を見ると、売り上げが右肩上がりですが、それに比例するように絶え間ない設備投資にお金が費やされています。利益を意図的に圧縮しつつ、厳しい競争に優位に立つための施策にお金を使っているのです。
より効率的な在庫管理を実現し、受注-商品のピックアップ-発送手配へと一連の行程を無駄なく円滑に流していくために、amazonは進化を続けています。
こうしたお金の掛かるシステム導入には資金力が必要ですが、やがて定型化、低価格の廉価版が出てくると破壊的イノベーションによってあっという間に中小企業にまで浸透していきます。

そこで大量の単純作業労働者のクビが刎ねられます。件の倉庫担当、今は会社にとって大変重宝な職員です。しかしコンピュータ管理システムが導入されたら真っ先に職を失うでしょう。人件費が相対的に他の倉庫作業員よりも高いからです。
そしてこの方の知識は、今の会社を去ったらもう何らの価値も持ちません。

これからの時代、もはや詰込み型の「歩く六法全書」「ウォーキング・ディクショナリー」は不要です。コンピュータには絶対勝てませんから。
それを念頭に置けば、従来型の「教える指導」がいかに無駄が多いか分かろうというもの。
これからのレッスンに必要なのは、「知識を教えること」ではないと思います。いかにして「気付きを与える」レッスンを行えるかにかかっています。板書を写して覚えるタイプの学習は、21世紀型のやり方ではないと確信しています。
では何が21世紀の人間に求められているのでしょうか?
それは、時には答えの出ない課題に対しても「どうやって取り組むか?」という疑問を常日頃から自分に問いかける人間、いつだって「自分がアクションを起こすと、どういった変化や結果が生じるのか?」といった問題意識を持って考える人間が求められています。

もう学歴の時代などはとっくに終焉を迎えています。教えられた知識をテストで吐き出すだけの「頭でっかち」は生き残れません。
この厳しい時代を生き抜くためには、学習の仕方と人の意識の持ち方も変わらなければならないと思います。

[PR]
by wp636 | 2017-08-06 20:21 | 日常生活 | Comments(0)

DSH準備コースで勉強していた頃、講師の先生に「Negation(否定)の学習をしたいです」とお願いしたら渋い表情をされました。
それを聞きつけたクラスメートが「そんな簡単なこといちいち勉強する必要はない。それよりも受動態とか接続法を勉強すべきだ」と言われました。
内心「こいつ分かってないな。お前が思うほどNegationは簡単じゃないんだ」と思っていたけれど、説得しても無駄なので無視しました。
講師の先生は「あなたの言いたいことはよく分かる。でもこのクラスではできないかも・・・」とお茶を濁してきました。
クラスメートたちには分からなかっただろう。私は「やっぱり説明するのに時間が掛かるのだな。そしてクラスの半分は『よく分からない』と言い出すのがオチで、絶対に紛糾するのだろうな」と思い諦めました。
結局このクラスではNegationを学ぶことはありませんでした。接続法なんて、私にしてみればそれほど難しい内容ではなかったのに。。。
Negationをパーフェクトに知らなくたってDSH試験くらいなら受かりますよ。でもその程度ではドイツ語講師をやるのに不十分だと思っていたのです。

私は今ドイツ語を教えながら、ドイツ語教授法(専ら外国人に第二外国語としてドイツ語を教えること)を大学で専門に学びMagisterの学位を取得したドイツ人からドイツ語を学んでいます。私は講師でありながら生徒でもあるのです。
これまでに私がドイツ語学習の際、疑問に感じていたことが的外れではなかったことを再確認しました。やっぱり私の思ったとおり、Negationは奥が深く、きちんと習得するのはそれほど容易ではありませんでした。

ここできちんと書いておきたいこと。
それは「文法的に認められることが正しいというわけではない」ということです。ドイツ語の入門書では、定動詞第二位の鉄則や副詞句をTeKaMoLoの順で並べるのが良いというような説明を受けます。 しかし、思ったほどにはドイツ語の語順は自由度が高いわけではないことに辿り着きました。今はその辺のことを先生と一緒に学んでいます。
ドイツ語の入門書はよくできていると思います。しかし上級に上がるためには、これまでの「ま、この辺でよいのでは?」という学習の仕方を離れないといけません。そこでポイントになるのが、「文法的には間違いではない。しかしネイティブのドイツ人はそういう言い方はしない」というポイントを身に着けることです。これが本当の意味での上級レベルというものでしょう。

私は学ぶためには謙虚さが必要だと常日頃思っています。DSH試験やC1試験に受かったくらいでは、確かにドイツ語の初歩から上級レベルまで一通りの指導はできます。でも知識を磨く歩みを止めた者に良いレッスンはできないと思うのです。

レッスンでは自分の得てきた知識を余すところなく提供しています。若く青かった頃には「自分の知りえたものを独り占めしたい」というケチな考えを抱いていたころもありました。なにせ物凄く厳しい受験戦争がありましたから。
でも大学を卒業して社会人になってからは、考え方も変わりましたね。
ドイツに来てからは「自分の持っている知識、経験、ノウハウは全部与えよう!」と思い個人レッスンをしています。

ドイツ語レッスンを始めてから3年が経ちますが、開始当初よりも確実に今の方が指導力も知識も厚みを増したと思います。
これからも更なるレベルアップを目指して精進していこうと思います。

[PR]
by wp636 | 2017-08-02 03:57 | ドイツ語 | Comments(0)