そろそろ夏休みが見えてきました。
気になるのは、長い休みの間の学習をどうするのか?ということ。

普段から地元の学習塾や個別指導教室に通っている方ならば、そこで引き続き夏期講習会に参加するのが一般的でしょう。
しかしすべての方がそうとは限りません。
自習がしっかりできるお子さんで、学校から出る課題もコツコツこなせるようならば、夏期講習会だけ塾通いしても問題はないかもしれません。
一方で、夏休みだからこそ学校での学習の遅れを取り戻そうと思って、夏期講習会への参加をご検討の保護者の方もいらっしゃることでしょう。
その場合、お子さんを地元の学習塾に通わせようと考える際には注意が必要です。

学習塾にとって夏期講習会は、年に二度ある書き入れ時のひとつです。もしもここで1学期までの復習をしようものなら「日本に一時帰国しますので、また秋からお世話になります」と言われかねません。
だから復習・定着の講義を行う塾(特に進学塾)はまずありません。「もっと先の学習を進め、早いところ総合演習に時間が割けるようにしましょう!」と耳触りの良い言葉で生徒を囲い込もうとします。資本主義社会ですから当然といえば当然の施策でしょう。

でも生徒を持つご家庭ではそのような塾の実情はよく知られていないのもまた事実です。
進学塾の効用もありますが、もしもこれまでの学習に躓いていると感じている生徒さんには、別の方法も検討すべきであるとお勧めします。

なぜそんなことが言えるかといえば、それは私自身が海外進学塾で専任講師をやっていたからです。
夏休みのテーマに「1学期までに習ったことの復習と基本の徹底的な定着を図ること」を選び、結果的に多くの生徒さんが「それなら日本に帰って実家で自習します」という(商業的な)大失敗を体験したことがあるからです。
もちろん私も失敗に学んで、以降二度と復習を夏期講習会や冬期講習会のテーマに選ぶことはありませんでした。
例えば、国語の文法事項を完全マスターするとか、古典の難解な読解まで一気に攻略するとか、夏休み中に関係代名詞まで解説しますとか、「講習会に参加しないと後れを取るぞ」と思わせるテーマを選んで生徒さんを囲い込んだ記憶があります。

よくよく考えてみてください。
長いこと塾に通ってくれた生徒さんこそ第一番に優先されるべき存在です。彼らの第一志望校合格こそが至上命題です。
講習会にだけポッと参加する生徒さんが実際の講義を受けてみて「なんだかやっていることが違うな。知らないことばかり解説しているな」と思っても、彼らに合わせるようなことは一切しません。それが進学塾なのですから。

これも自分の実際の経験ですが、中3の5月頃になって入塾してきた生徒さんがいました。その年の4月に転校してきたとか、そういった事情のある生徒さんではありませんでした。要するに、ずっと同じ地域に住んでいたけれど中3の春休みが終わって慌てて塾通いを始めた、と。
残念ながら日本人学校などの学習進度よりも進学塾はかなりスピードが速いですし、先ほどから書いているように講習会は復習の機会ではないので、どんどん学習は進んでいくわけです。
この生徒さん、自身の学習の遅れにがっかりして、3ヵ月ほどして退会していきました。
可哀そうだと気の毒に思う気持ちはありましたが、至上命題は今まで通い続けてくれた生徒さんの志望校合格。
残酷なようですが、細かくレベル分けなどできない海外塾では、付いていかれない生徒さんは置いていかれる運命です。そういう指導形態に疑問を抱く講師ならば、私のように進学塾を去るしかないわけです。

海外塾勤務時代、他の同僚が口にするのを耳にしましたが、進学塾と家庭教師は「住み分け」をすることなるということです。
集団授業に付いていかれる生徒さんは大手の学習塾に通う、と。そこでは学習が厳しいと感じる方は他の方法を模索するしかない、と。

だからこそご自分のお子さんの学習進捗度や学校での成績などを踏まえて、ご自身にピッタリの夏休みの過ごし方を考えていただきたいと思います
他のクラスメイトさんの様子や学習塾の評判も大切な判断材料ですが、最終的にはお子さん一人一人で事情は異なります。
限られた時間、しかし結構長い期間だけに悔いの残らない過ごし方をしてほしい、そう思っています。

[PR]
# by wp636 | 2017-06-18 22:52 | 受験 | Comments(0)

 今日、夫婦でとある町のニシン祭りに出掛けてきました。
5月くらいから欧州ではニシンが獲れ始め、特にオランダもののニシンが市場に出回ります。
なんといいますか、初夏の風物詩とでもいいますか。北ドイツでは特に人気のニシン。
今年も収穫を舌で味わう季節が到来したわけです。

 私たち日本人は魚を生で頂くことに抵抗がありません。しかし外国人、特に海に隣接していない国・地域の人々にとっては魚を生で頂くなんてナンセンスで危険極まりない暴挙とみなされます。生臭いし、第一当たったらどうするの?ってところでしょう。
でも北部ドイツはオランダとも隣接しており、ニシンや鰻を食べる習慣がしっかり根付いていました。
 このニシン祭り。お魚大好き日本人にはとってもお勧めです。他の外国人も少ないので、ドイツ人と直に会話する絶好のチャンス!

 北部ドイツのこの町は工業都市でもあるので、近年は外国人の流入が著しい。
普段ならアラビア系やアフリカン、アジアンが多くみられるメインストリートが、今日は白人で埋め尽くされていました。
白人と書いたのは、もうドイツ人とロシア系などを見分けるのが困難だからです。実際、ドイツ人に尋ねても「あの人はドイツ人?さて、ロシア系と言われればそうだし、チェコ人とか言われても北欧系って言われてそう見えるわねぇ」といった返答がきます。当の白人でも何人だか見極められないのですね。ここら辺がアフリカンやアジアンとは少し趣が異なるところでしょうか。

 ビールを買い、ニシンのサラダとニシンのサンドウィッチを頬張っていると、隣に座ってワインを楽しんでいたドイツ人の女性に話しかけられました。私たちがドイツ語を話せるのが分かると、「自分たち女4人組は皆旦那に先立たれ、今では年金生活を毎日一緒にのんびりと楽しく過ごしているのだ」と説明してくれました。
こういったドイツのお祭りにアラビア系は交わってきません。イスラム教では原則飲酒が禁止されていますし、ドイツ食の中に何が混ざっているのか分からないので、やたらに屋台のお店で買い食いできないのです。
 その点雑食の日本人は何でも食べられるし何でも飲める!
今日、これほど大きな規模のお祭りなのに、日本人は皆無でした。中国系も2組しか見ませんでした。せっかくドイツを満喫できる良い機会なのに勿体ない。
隣のおばちゃまは観光名所も親切に教えてくれましたし、来月には同じ場所でワイン祭りも開催されるとのこと。
ということで、「来月ここで再会しましょう!」と言ってお別れしました。

 こういった会話ができると、「ああ、やっぱりドイツ語ができてよかった!」と思います。今日もドイツ語で流暢に会話を始めるや、周囲のドイツ人たちが一斉に振り返り、「なんだ、あのアジアンはドイツ語が話せるのか」と途端に打ち解けた雰囲気が出来上がります。
これは外国人ばっかりの中に入った者にしか分からない空気の変化です。
 どんなに勉強しても分からない単語ってのはいくらでもあります。そういう時はどんどん売り子さんにでも、周囲に立っているお客さんにでも質問できる。ドイツ人はお節介なほど親切だから、それはそれは懇切丁寧に説明してくれますよ。

 最後はこの町で自家醸造のビールを製造販売しているレストランでご飯を食べて帰宅しました。
もうお腹いっぱい・胸いっぱいで大満足。

  郷に入りては郷に従え

せっかくドイツに暮らしているのですから、世界共通語の英語もいいけれど、この国の言葉を身に着けたいところ。
そうすればもっともっと暮らしが楽しくなりますよ。



[PR]
# by wp636 | 2017-06-16 05:20 | ドイツ語 | Comments(0)

 数学が苦手なお子さんは多いです。
塾でも家庭教師でも、最もニーズがあるのは数学です。

 さて「数学ができるようになるために必要なことは何か」と尋ねられれば、おそらく計算力と思考力を養うことと答える方が多いのではないでしょうか?
実際中学生の学習内容をよくよく見ると、まずは計算問題を解けるようにして、その後文章題などの応用問題を解けるようにするのが普通です。例えば方程式の学習。まずは両辺に同じ数を足す(引く)・両辺に同じ数を掛ける(で割る)などの一連の作業を教えて、方程式の計算問題を解けるようにします。その後、速さや濃度、割合などの文章問題を解くと。
私もまずは計算問題を解けるように解説をし、たくさんの計算問題を宿題に出します。その後さまざまなタイプの応用問題を一緒に解いて出題パターンを習得してもらいます。

 でも、その前にもっと重要なことがあるのを忘れてはいけません。それは『ノートの取り方(の書き方)を身に着けさせること』です。
もしもご自分のお子さんが数学を苦手にしているようでしたら、まずはお子さんの使っているノートを見てみましょう。
大抵雑記帳のような、あるいはメモ書きのようなノートになっているはずです。つまりノートの書き方を知らないわけです。
ノートの書き方を知らない子どもは、テストでもメモ書きのような計算をしますから、一度解いた問題を後で振り返ることができません。
見直そうとすれば、それはもう一度最初から解くということになります。
そして最初と二度目の計算で答えが異なった場合、どうして違う答えが出たのか、その理由が分かりませんし、どちらの答えを解答用紙に書いてよいのかも分かりません。最悪の場合、もう一度計算をして、また違う答えが出てしまい途方に暮れてしまうと・・・
これでは数学が好きになるわけがないですし、得点も伸び悩むこと必至です。

 以前、私は計算力をつけることと応用力を養うことに重点を置いていましたが、今はまずノートの取り方を徹底的に指導しています。
きちんとしたノートの取り方を身に着ければ見直し力がアップしますし、計算間違いを自分で見つけることができます。
それまで試験問題の余白にチャチャッとメモ書きのように計算していたお子さんが、丁寧に計算過程を改行しながら書くようになったら、それだけで計算ミスも少なくなり得点も飛躍的に向上したという例をいくつも目にしてきました。

 この『ノートの取り方を教える』という過程がなかなか時間の掛かる・根気の要ることなのです。
なぜ講師が黒板(ホワイトボード)に改行しながら丁寧に計算過程を書いているのか? 生徒さんの方では「わたしに見やすいようにしているだけ」と思っていることが意外に多い。つまり授業のために特別にそうしていると思われていることがあるのです。
講師でもこの点を見落としている場合があります。決してそういうことではないのです。テストでもきちんと問題番号を書いて、それから丁寧に計算過程を残す形で書いていく。見直しとは、自分の書いた計算過程を再び目で追っていくことであると。

 一度身に着けたノートの取り方はそうそう簡単には忘れません。そしてこの骨の折れる作業が大学受験まで、いやその先の学習にまで生きてきます。

 今日は数学力を伸ばすために必要なことは、まず『ノートの取り方を教えることである』というお話をしました。
是非一度、お子さんの数学のノートをご覧になってみてください。

[PR]
# by wp636 | 2017-06-14 10:55 | Comments(0)

英語の文、それもthat節の文を学ぶと以下のような英作文が登場します。

「私はそれが良いアイディアとは思わない。」
I think that~
とthat is a good idea.の文をどう繋ぐかってところがポイントとなります。

やろうと思えば二通りの文が考えられます。
(1) I think that that isn't a good idea.
(2) I don't think that that is a good idea.

どちらが正解なのでしょう?どちらでも良いのでしょうか?

私は学生時代、(2)で書くように教わりました。でもなぜ?という疑問に明快な答えを得られなかったように思います。そういうものなのだから、そう覚えなさいと。。。
どうも英語圏の人はThat is a good idea.だと思っている相手の考えを否定しない、という相手尊重の立場からこういった文を構成するらしいのです。
あなたは(あるいは他の人は)それは良いアイディアだと思っているようですが、私はそうは思わない、と。
That isn't a good idea.と表明すれば、そのアイディアは良くないですね、と他人の考えを否定した感じになる。そこを避けたいと。

ところがドイツ語ではどうでしょうか?
Ich meine (denke), das ist keine gute Idee.
不定冠詞の付いた名詞を否定するわけですから、keine gute Ideeとするよりほか方法がありません。Das ist eine gute Idee nicht.という文否定は決してやらないわけです(A1レベル)。
でも英語圏の人からすればno good idea「ちっとも良くないアイディア」ですよ。すごく違和感があるのではないでしょうか?

では英語風にIch meine nicht, das ist eine gute Idee.とやるとどうか?
これにはドイツ人の方が???っていう印象を抱くのだとか。「私は考えない・・・」そもそも考えないのっ!と。
思い起こせば、確かにこの文構造って耳にしたことがないです。

英語とドイツ語は兄弟ではないですが、従兄弟くらいの関係にはある近しい言語です。
でも文法を丁寧に学習すると、その言葉を話す国民性や文化が見えてきます。これが多言語を学ぶ楽しさの一つともいえるでしょう。

英語の得意な日本人駐在員さんにドイツ語を教えると、このkeine gute Ideeを解説する際にほぼ間違いなくビックリされますね。
頻繁にno+名詞の文を話しているわけなので。
でも当のドイツ人は平気で0(ゼロ名詞)を用いて会話しているわけです。
面白いとは思いませんか?



[PR]
# by wp636 | 2017-06-12 08:15 | Comments(0)

漢字の学習などと言いますと、面倒な作業のようで興味もそそられませんね。
でも読解問題で躓いている生徒さんの中には、基本的な語彙が欠けているのでしょっちゅう読解にブレーキがかかっているような状態の人が見受けられます。
厄介なのは、分からない言葉が基本的なもの・文中に何度も出てくるものだけに、読解の肝を理解できないことになってしまう可能性が高いということです。

漢字の書き取りの練習を機械的にさせることは一見退屈なことではあるけれども、やはり小中学生の間はとても大切なことです。
では効率よく習得するにはどうしたらよいか?
それは読解問題の中で分からなかった語彙を拾っていくことでしょう。文章の内容とシンクロして暗記できるからです。
ともすると無味乾燥な作業になりがちな漢字学習を、たった今読んだ文章と関連付けて頭に入れていく。これが一番効果的です。
文章の内容理解も深まって一石二鳥です。

少しずつ語彙を増やしたら、今度は毎週10個とか15個とか漢字だけを書きとり演習するようにします。
宿題でやらせるだけでは駄目で、確認のための小テストなり、ホワイトボードに問題を書いてその場で書かせて確認するなどの作業が欠かせません。

今になって自分の学生時代を振り返って思うのは、小中学生時代の吸収力は40歳を過ぎた人間のそれとは比べものにならないということ。
多少無理っぽい量の暗記をしても、人間の脳はせいぜい5%程度しか活用されていないのでパンクすることはありません。
漢字ドリル・漢字練習帳など大変有用な教材があります。これを最大限に利用したいですね。

只今小学生・中学生の学習指導要綱に示されている漢字をすべてカバーする問題集プリントを、コツコツ自前で作成する計画を立てています。

[PR]
# by wp636 | 2017-05-28 07:23 | 解法のコツ | Comments(0)