今日、夫婦でとある町のニシン祭りに出掛けてきました。
5月くらいから欧州ではニシンが獲れ始め、特にオランダもののニシンが市場に出回ります。
なんといいますか、初夏の風物詩とでもいいますか。北ドイツでは特に人気のニシン。
今年も収穫を舌で味わう季節が到来したわけです。

 私たち日本人は魚を生で頂くことに抵抗がありません。しかし外国人、特に海に隣接していない国・地域の人々にとっては魚を生で頂くなんてナンセンスで危険極まりない暴挙とみなされます。生臭いし、第一当たったらどうするの?ってところでしょう。
でも北部ドイツはオランダとも隣接しており、ニシンや鰻を食べる習慣がしっかり根付いていました。
 このニシン祭り。お魚大好き日本人にはとってもお勧めです。他の外国人も少ないので、ドイツ人と直に会話する絶好のチャンス!

 北部ドイツのこの町は工業都市でもあるので、近年は外国人の流入が著しい。
普段ならアラビア系やアフリカン、アジアンが多くみられるメインストリートが、今日は白人で埋め尽くされていました。
白人と書いたのは、もうドイツ人とロシア系などを見分けるのが困難だからです。実際、ドイツ人に尋ねても「あの人はドイツ人?さて、ロシア系と言われればそうだし、チェコ人とか言われても北欧系って言われてそう見えるわねぇ」といった返答がきます。当の白人でも何人だか見極められないのですね。ここら辺がアフリカンやアジアンとは少し趣が異なるところでしょうか。

 ビールを買い、ニシンのサラダとニシンのサンドウィッチを頬張っていると、隣に座ってワインを楽しんでいたドイツ人の女性に話しかけられました。私たちがドイツ語を話せるのが分かると、「自分たち女4人組は皆旦那に先立たれ、今では年金生活を毎日一緒にのんびりと楽しく過ごしているのだ」と説明してくれました。
こういったドイツのお祭りにアラビア系は交わってきません。イスラム教では原則飲酒が禁止されていますし、ドイツ食の中に何が混ざっているのか分からないので、やたらに屋台のお店で買い食いできないのです。
 その点雑食の日本人は何でも食べられるし何でも飲める!
今日、これほど大きな規模のお祭りなのに、日本人は皆無でした。中国系も2組しか見ませんでした。せっかくドイツを満喫できる良い機会なのに勿体ない。
隣のおばちゃまは観光名所も親切に教えてくれましたし、来月には同じ場所でワイン祭りも開催されるとのこと。
ということで、「来月ここで再会しましょう!」と言ってお別れしました。

 こういった会話ができると、「ああ、やっぱりドイツ語ができてよかった!」と思います。今日もドイツ語で流暢に会話を始めるや、周囲のドイツ人たちが一斉に振り返り、「なんだ、あのアジアンはドイツ語が話せるのか」と途端に打ち解けた雰囲気が出来上がります。
これは外国人ばっかりの中に入った者にしか分からない空気の変化です。
 どんなに勉強しても分からない単語ってのはいくらでもあります。そういう時はどんどん売り子さんにでも、周囲に立っているお客さんにでも質問できる。ドイツ人はお節介なほど親切だから、それはそれは懇切丁寧に説明してくれますよ。

 最後はこの町で自家醸造のビールを製造販売しているレストランでご飯を食べて帰宅しました。
もうお腹いっぱい・胸いっぱいで大満足。

  郷に入りては郷に従え

せっかくドイツに暮らしているのですから、世界共通語の英語もいいけれど、この国の言葉を身に着けたいところ。
そうすればもっともっと暮らしが楽しくなりますよ。



[PR]
by wp636 | 2017-06-16 05:20 | ドイツ語 | Comments(0)

英語の文、それもthat節の文を学ぶと以下のような英作文が登場します。

「私はそれが良いアイディアとは思わない。」
I think that~
とthat is a good idea.の文をどう繋ぐかってところがポイントとなります。

やろうと思えば二通りの文が考えられます。
(1) I think that that isn't a good idea.
(2) I don't think that that is a good idea.

どちらが正解なのでしょう?どちらでも良いのでしょうか?

私は学生時代、(2)で書くように教わりました。でもなぜ?という疑問に明快な答えを得られなかったように思います。そういうものなのだから、そう覚えなさいと。。。
どうも英語圏の人はThat is a good idea.だと思っている相手の考えを否定しない、という相手尊重の立場からこういった文を構成するらしいのです。
あなたは(あるいは他の人は)それは良いアイディアだと思っているようですが、私はそうは思わない、と。
That isn't a good idea.と表明すれば、そのアイディアは良くないですね、と他人の考えを否定した感じになる。そこを避けたいと。

ところがドイツ語ではどうでしょうか?
Ich meine (denke), das ist keine gute Idee.
不定冠詞の付いた名詞を否定するわけですから、keine gute Ideeとするよりほか方法がありません。Das ist eine gute Idee nicht.という文否定は決してやらないわけです(A1レベル)。
でも英語圏の人からすればno good idea「ちっとも良くないアイディア」ですよ。すごく違和感があるのではないでしょうか?

では英語風にIch meine nicht, das ist eine gute Idee.とやるとどうか?
これにはドイツ人の方が???っていう印象を抱くのだとか。「私は考えない・・・」そもそも考えないのっ!と。
思い起こせば、確かにこの文構造って耳にしたことがないです。

英語とドイツ語は兄弟ではないですが、従兄弟くらいの関係にはある近しい言語です。
でも文法を丁寧に学習すると、その言葉を話す国民性や文化が見えてきます。これが多言語を学ぶ楽しさの一つともいえるでしょう。

英語の得意な日本人駐在員さんにドイツ語を教えると、このkeine gute Ideeを解説する際にほぼ間違いなくビックリされますね。
頻繁にno+名詞の文を話しているわけなので。
でも当のドイツ人は平気で0(ゼロ名詞)を用いて会話しているわけです。
面白いとは思いませんか?



[PR]
by wp636 | 2017-06-12 08:15 | Comments(0)

マクドナルドの迷走地図

昨日近所を散歩していて見つけたのが掲示の看板。
どうやらマクドナルドがすっかり地に落ちた企業イメージを回復しようとして掲示している広告のようです。

なんて書いてあるかというと、『キスするだけで妊娠する』" Küssen macht Schwanger."
こんな馬鹿げた噂に振り回されないで!』(マクドナルドのパテにはミミズが入っているとか、犬の肉が混じっているとか、地べたに落とした肉も拾って再利用しているとか、そういう諸々の噂に惑わされないで!)
ってことらしい。

そういえば先日別のマクドナルドの看板広告には『ドイツにはBielefeldなんて町ってのは存在しない』
なんて間違った情報に振り回されないで!って書いてありました。
Bielefeld住民から文句が来ないのかしら?

自分が子どもの時分、マクドナルドは高価な食べ物でした。家族でマックを頬張るなんてとっても幸せで、ちょっぴりゴージャスな感じがしたものでした。私が中学生の時分にはハンバーガーが1個240円まで値上がりしたこともありました。
昔はお父さんと子どもが一緒にビッグマックを頬張り、お父さんが子どもに「お前もビッグマックが一人で食べられるくらい成長したんだな、偉いぞ!」ってなCMもありましたね。
ところがバブル崩壊後の景気低迷とデフレに陥ると1個55円まで価格が下落。マックとはホームレスが毎日食べるものとまで言われていたっけ?
そのあたりからか、マックのハンバーガーって味が変わったように思うのです。

この疑問をレッスン後の雑談で話題にすると、ドイツ語のレッスンをしていた生徒さんから驚くべきお話を聞きました。
なんとマックのバンズ、パテ、チーズやソースなどを組み合わせると複雑な化学反応を口の中で起こすようで、これらのパーツを一緒くたに咀嚼するとマックの味になると。だから一個一個のパーツをバラバラに食べるとまったく美味しくないのだとか。要するにコカ・コーラ・ゼロの食べ物版。

ドイツに渡ってからもたまぁにマックが食べたくなって、一人小銭を持って近所のマックに食べに行っていたのですが、食後に何か満足感が得られないというか、何か物足りない感がずっと残っていたんです。
その原因がマックの味の変化(使用している食材の変化)によるものだと指摘されて、私には思い当たる節があっただけに大いにショックを受けました。
その興味深いお話を伺って以来、マクドナルドに一度も行っていません。

さてこのブログを読んだ方は、私の主張に「そういえば、マックの味一昔前とちょっと違うような気がするな」と思い当たりましたか?
それともマックが広告で訴えているように「嘘っぱちだ、マックを貶める作り話だ」と思いますか?

[PR]
by wp636 | 2017-05-21 06:56 | 日常生活 | Comments(0)

日本にいた当時、毎週土曜日に開催された南山短大コミュニティーカレッジでドイツ語の講座を受講していました。
講師は同時通訳を本業とする熱血漢のH先生で、この先生にドイツ語を本格的に学習する道しるべを与えられたと思っています。

ある時、先生は言いました「前つづりbe-やer-は他動詞を導くので、その後に4格目的語がくるんです」と。
こういう覚えやすい簡潔なルールというものを、私はすぐにノートに書き留めて暗記するタイプです。このときも「これは有用な情報を得たな」とほくそ笑みました。

ところが翌週の講義が始まると、或る60代の生徒さんがH先生の先の発言に絡みだしました。
つまり、「前つづりbe-やer-が基本的な動詞についても他動詞にならないものもあるじゃないか!嘘を教えるな!」と物凄い勢いで先生の発言を否定し始めたわけです。
私は言語なんてものは例外があって当然なので、「どうせ自動詞のものがあっても少数派だろうに」と思って黙って聞いていました。
(ちなみにerscheinen「現れる」は自動詞)
この日の授業どうなったと思いますか?
なんとこの議論で1時間15分くらいやりあったのですよ。くだらないですね。もう最後は教室中に白けた空気が流れていました。

ドイツ語レッスンの講師としてハッキリ言います。こういう考え方の人は言語を習得することはできません。
なぜなら言語は数学ではないからです。
相手はヨーロッパの言語です。鎖国していた日本にだってオランダや中国から外来語は入ってきていました。
様々な民族や国家がせめぎ合い、移動していた欧州に純粋なゲルマン語なんてものは存在しません。ローマ帝国やギリシャ帝国の言語がゲルマン語にも確実に取り入れられました。それをたった一つの100%例外のないルールで学ぼうとすること自体が不可能というもの。

60歳の手習いという感じでドイツ語を学び始めた方には到底見えなかったあの男性、今もきっと小さなことにこだわってドイツ語を習得する段には至っていないでしょう。

私は今でもあの時の白けた教室の雰囲気を思い出すことがあります。まずは言語を大まかに掴む。そして細部はレベルの上昇とともに修正していく、これが言語マスターへの最短距離だと信じています。
なのでH先生のbe-やer-は他動詞を導くというのは、今でも正しい教え方だったと思います。
唯一残念だったのは、あの男性が100%他動詞化するのではないけれど、大枠では有効な知識なのだと幅を持たせて理解できなかったことです。私は先の知識を使って「be-やer-の動詞には4格目的語」とマッチアップさせることで、会話のスピードが上がるのを実感できました。いちいち格を考える必要性が薄らいだからです。
そしてこの知識は今でも自分のレッスンに活きています。

揚げ足を取ることよりも、自分の知識を上げるための有効な知識として、他人の言うことは活用した方が賢明だと思います。

余談ですが、ドイツ語の他動詞は4格目的語を取る動詞のことを言います。helfenのような3格目的語しか取らない動詞は、ドイツ語では自動詞です。英語とはここが異なるので要注意です。

[PR]
by wp636 | 2017-05-13 19:31 | ドイツ語 | Comments(0)

お知らせ

昨日、ドイツ語体験レッスンを当方のホームページ経由でご連絡いただいた方へ。

ここでお名前が出せないため詳細は一切書きませんが、昨日いただいた体験レッスンの件でメールにて返信したものの、宛先が存在しないというエラーメッセージとともに返信されてしまいます。
もう一度ご自身のメールアドレスをご確認いただいて、情報を再送信していただけませんでしょうか。

お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

[PR]
by wp636 | 2017-04-17 22:02 | レッスン | Comments(0)