一昨日、日本の友人と一緒にオランダ・ユトレヒトに出掛けてきました。

オランダ語の離せない私たちにとっては、勇気をもって「ドイツ語話せますか?」と尋ねる必要に駆られるのですが、これは切ないことです。
多くの人は英語が世界共通語で、これさえあれば世界中どこでも旅ができると思っている。でもこの考え方は一面正しく、他面そうとも言えないと私は考えます。

なぜなら「英語を話せますか?」と尋ねた瞬間に相手との壁が築かれるからです。オランダという国家が世界経済や世界産業に与えるインパクトはそれほど大きくないかもしれない。だからこの国の人たちは英語やドイツ語が堪能です。生き残るための手段として他言語を身に着けているのです。しかし母国語は別にあり、その言葉は国民性やその国に住む国民の誇りに直結しています。
そこを忘れてはなりません。
片言でもオランダ語で話してみる。すると相手は絶対に心を開く・心のうちで絶対に喜んでいる。そういうものでしょう。頭っから英語で話しかけるのとは印象が全然違うはずです。

私は海外に出るのを毎回ちょっと躊躇い、そして出掛けていった後必ず「行って良かったなァ。そして言葉って大事だなぁ」と改めて思うのです。
こうした経験を外国語を勉強する原動力にしています。

私にとって海外に出るとは何か?と尋ねられたら、それは「言葉の大切さを知る機会」に尽きます。
今回の旅では当然「オランダ語いいねぇ」という感想を持ったわけです。

[PR]
by wp636 | 2017-08-13 15:03 | 日常生活 | Comments(0)