DSH準備コースで勉強していた頃、講師の先生に「Negation(否定)の学習をしたいです」とお願いしたら渋い表情をされました。
それを聞きつけたクラスメートが「そんな簡単なこといちいち勉強する必要はない。それよりも受動態とか接続法を勉強すべきだ」と言われました。
内心「こいつ分かってないな。お前が思うほどNegationは簡単じゃないんだ」と思っていたけれど、説得しても無駄なので無視しました。
講師の先生は「あなたの言いたいことはよく分かる。でもこのクラスではできないかも・・・」とお茶を濁してきました。
クラスメートたちには分からなかっただろう。私は「やっぱり説明するのに時間が掛かるのだな。そしてクラスの半分は『よく分からない』と言い出すのがオチで、絶対に紛糾するのだろうな」と思い諦めました。
結局このクラスではNegationを学ぶことはありませんでした。接続法なんて、私にしてみればそれほど難しい内容ではなかったのに。。。
Negationをパーフェクトに知らなくたってDSH試験くらいなら受かりますよ。でもその程度ではドイツ語講師をやるのに不十分だと思っていたのです。

私は今ドイツ語を教えながら、ドイツ語教授法(専ら外国人に第二外国語としてドイツ語を教えること)を大学で専門に学びMagisterの学位を取得したドイツ人からドイツ語を学んでいます。私は講師でありながら生徒でもあるのです。
これまでに私がドイツ語学習の際、疑問に感じていたことが的外れではなかったことを再確認しました。やっぱり私の思ったとおり、Negationは奥が深く、きちんと習得するのはそれほど容易ではありませんでした。

ここできちんと書いておきたいこと。
それは「文法的に認められることが正しいというわけではない」ということです。ドイツ語の入門書では、定動詞第二位の鉄則や副詞句をTeKaMoLoの順で並べるのが良いというような説明を受けます。 しかし、思ったほどにはドイツ語の語順は自由度が高いわけではないことに辿り着きました。今はその辺のことを先生と一緒に学んでいます。
ドイツ語の入門書はよくできていると思います。しかし上級に上がるためには、これまでの「ま、この辺でよいのでは?」という学習の仕方を離れないといけません。そこでポイントになるのが、「文法的には間違いではない。しかしネイティブのドイツ人はそういう言い方はしない」というポイントを身に着けることです。これが本当の意味での上級レベルというものでしょう。

私は学ぶためには謙虚さが必要だと常日頃思っています。DSH試験やC1試験に受かったくらいでは、確かにドイツ語の初歩から上級レベルまで一通りの指導はできます。でも知識を磨く歩みを止めた者に良いレッスンはできないと思うのです。

レッスンでは自分の得てきた知識を余すところなく提供しています。若く青かった頃には「自分の知りえたものを独り占めしたい」というケチな考えを抱いていたころもありました。なにせ物凄く厳しい受験戦争がありましたから。
でも大学を卒業して社会人になってからは、考え方も変わりましたね。
ドイツに来てからは「自分の持っている知識、経験、ノウハウは全部与えよう!」と思い個人レッスンをしています。

ドイツ語レッスンを始めてから3年が経ちますが、開始当初よりも確実に今の方が指導力も知識も厚みを増したと思います。
これからも更なるレベルアップを目指して精進していこうと思います。

[PR]
by wp636 | 2017-08-02 03:57 | ドイツ語 | Comments(0)