外国語への扉

日本人にとって、つとに重要な外国語は英語であり、ほとんどの場合これが最初の外国語です。
今のところ中学1年生で英語の学習を始め、高校3年生までは最低でも英語を学び続けます。
自分も例に漏れず、中学1年生から英語の学習を始め、大学の教養課程まで8年間英語を学びました。
そうなると、必然的に「英語が外国語のスタンダード」だと思い込んでしまう。「英語が外国語の標準的な文法に則っている」と考えてしまいがち。

友人にも言われましたが「お前、海外志向だったっけ?」と首を傾げられるほど、海外での生活に興味がありませんでした。
英語の文法的理解は得意でしたが、これを使って世界に羽ばたこうなどと考えもしなかったです。
しかし、社会人をやりながら夜間の大学に通ったのがきっかけで、再び外国語を学ぶ機会に出会いました、それも英語以外の言語に。

たまたまその大学ではドイツ人の先生にドイツ語を学ぶことができると知り、「何となく面白そう」といういい加減な気持ちで受講を始めました。それがどうしたことか?今ドイツに住んでいます。

自分が今も恩師であるドイツ人のA先生の講義を受けて衝撃的だったのは、ドイツ語の疑問文がとってもシンプルだったこと。
英語では否定文・疑問文の作り方が異なるという理由から、動詞をbe動詞と一般動詞に分けますが、ドイツ語ではこの2者を分ける必要がありません。
つまり動詞を文頭に出して主語とひっくり返し、文末に疑問符(?)を付ける、と。
He plays soccer. ---> Does he play soccer?  (ちなみに He is a soccer player. ---> Is he a soccer player?)
Er spielt Fußball. ---> Spielt er Fußball?    (ちなみに Er ist Fußballspieler. ---> Ist er Fußballspieler?)
上記のように、ドイツ語では一般動詞の疑問文に助動詞doやdoesが不要なのです。このことを学んだときの衝撃と感動は今でも忘れられません。「英語以外の外国語って、自分の思いも寄らないルールが存在しているんだろうな」と思ったときの高揚感。
いきおい先生に講義後話しかけたら、「英語をね、日本人は中学から大学まで8年間も勉強するでしょ?それなのに身につかない。面白いのは、8年もやって身につかない言語を、社会人になっても事あるごとに思い出し、その度に学習をし直そうとする。だから英語コンプレックスの人が多いと思うんだ。世界にはさまざまな言語がある。8年間も学習して身に付かなかった言語なら潔く諦めて、せっかくなら他の言語をやればいいのにねぇ」

私はいわゆる「英語のできる生徒」だったけれど、この言葉に感化されて本格的にドイツ語の学習を開始。日本を飛び出すことになりました。恩師A先生からは「君が私の28年間ドイツ語講師人生で、ドイツ語をマスターした最高の生徒。大したものだ」と褒められました。

先生は私の模範です。なぜなら先生は30ヵ国語以上を操れる言語学者であり、外国語を学ぶ楽しさを私に教えてくれた恩師だからです。
今も私の手元にはさまざまな外国語のテキストが置いてあり、暇なときに眺めていますが、もはや「英語が文法の世界標準だ」という先入観はまったくありません。むしろあらゆる名詞に性別があるほうが多数派だと思ってしまうほど(英語の名詞には性別がない)。

先日もドイツ語のレッスンで疑問文の作り方を説明している際、12年前のドイツ語講義での感動が蘇ってきました。
英語以外の外国語を学ぶのって、視界を広げるにはもってこいだと私は確信しています。

次はどんな言語を学ぼうかしら?

[PR]
by wp636 | 2017-08-25 13:32 | ドイツ語 | Comments(0)

一昨日、日本の友人と一緒にオランダ・ユトレヒトに出掛けてきました。

オランダ語の離せない私たちにとっては、勇気をもって「ドイツ語話せますか?」と尋ねる必要に駆られるのですが、これは切ないことです。
多くの人は英語が世界共通語で、これさえあれば世界中どこでも旅ができると思っている。でもこの考え方は一面正しく、他面そうとも言えないと私は考えます。

なぜなら「英語を話せますか?」と尋ねた瞬間に相手との壁が築かれるからです。オランダという国家が世界経済や世界産業に与えるインパクトはそれほど大きくないかもしれない。だからこの国の人たちは英語やドイツ語が堪能です。生き残るための手段として他言語を身に着けているのです。しかし母国語は別にあり、その言葉は国民性やその国に住む国民の誇りに直結しています。
そこを忘れてはなりません。
片言でもオランダ語で話してみる。すると相手は絶対に心を開く・心のうちで絶対に喜んでいる。そういうものでしょう。頭っから英語で話しかけるのとは印象が全然違うはずです。

私は海外に出るのを毎回ちょっと躊躇い、そして出掛けていった後必ず「行って良かったなァ。そして言葉って大事だなぁ」と改めて思うのです。
こうした経験を外国語を勉強する原動力にしています。

私にとって海外に出るとは何か?と尋ねられたら、それは「言葉の大切さを知る機会」に尽きます。
今回の旅では当然「オランダ語いいねぇ」という感想を持ったわけです。

[PR]
by wp636 | 2017-08-13 15:03 | 日常生活 | Comments(0)

関係詞(関係代名詞と関係副詞)の学習について。

関係代名詞はその名のとおり、代名詞の働きをするので格があります。
さあ中1英語・代名詞の復習です。
英語の格はいくつありますか?またその名称を答えられますか?

正解は3つ。主語になることのできる主格、所有を表す所有格、そして対象語・目的語になる目的格です。前置詞の目的語になるのもこの格でした(だから前置詞の後に置かれる代名詞・名詞の格は前置詞目的格という)。

それぞれの関係代名詞の先行詞による使い分けが理解できていますか?
先行詞が人--→ who (主格で書きました)
先行詞が物・動物--→ which
先行詞が人・物・動物(オールマイティー)--→ that

それぞれの関係代名詞の格変化が書けますか?
主格 --- 所有格 --- 目的格の順で、
who --- whose --- who(whom)
which --- whose --- which
that --- whose --- that

前置詞 + 関係代名詞が時に関係する場合、関係副詞whenに置き換えられることを知っていますか?
同様に、前置詞 + 関係代名詞 (場所に関する)= 関係副詞whereに置き換え可能。

関係詞に関する問題は、2つの関連することば(先行詞)を接着剤に一方を修飾する節として、他方を被修飾される節(主節)として一つの文にまとめるものがほとんどです。
しかし学力を伸ばす・高次元に引き上げるためには、関係詞を用いて一文で表されているものを、あえて二つの文に分解するのが効果的です。
そうすることで、代名詞の格の理解が飛躍的に向上するとともに、関係代名詞と関係副詞との関係も明らかになってきます。

関係詞に関する問題は二つの文を一つにまとめるものが主で、出来上がった一つの文を関係詞を用いずに分解する問題は殆ど目にしたことがありません。
しかしこの手間の掛かる・一見無意味に思える地道な作業が学力向上への最短距離です。

今、関係詞を教えている生徒さんにも、「急がば回れ」の考えに基づいて、宿題プリントに書かれている関係詞で結ばれた一つの文を二つに分解するよう課題を与えています。

関係詞の勉強はくっつけて、そして引き離して習得する。一度お試しください。

[PR]
by wp636 | 2017-07-12 04:08 | 解法のコツ | Comments(0)

英語の文、それもthat節の文を学ぶと以下のような英作文が登場します。

「私はそれが良いアイディアとは思わない。」
I think that~
とthat is a good idea.の文をどう繋ぐかってところがポイントとなります。

やろうと思えば二通りの文が考えられます。
(1) I think that that isn't a good idea.
(2) I don't think that that is a good idea.

どちらが正解なのでしょう?どちらでも良いのでしょうか?

私は学生時代、(2)で書くように教わりました。でもなぜ?という疑問に明快な答えを得られなかったように思います。そういうものなのだから、そう覚えなさいと。。。
どうも英語圏の人はThat is a good idea.だと思っている相手の考えを否定しない、という相手尊重の立場からこういった文を構成するらしいのです。
あなたは(あるいは他の人は)それは良いアイディアだと思っているようですが、私はそうは思わない、と。
That isn't a good idea.と表明すれば、そのアイディアは良くないですね、と他人の考えを否定した感じになる。そこを避けたいと。

ところがドイツ語ではどうでしょうか?
Ich meine (denke), das ist keine gute Idee.
不定冠詞の付いた名詞を否定するわけですから、keine gute Ideeとするよりほか方法がありません。Das ist eine gute Idee nicht.という文否定は決してやらないわけです(A1レベル)。
でも英語圏の人からすればno good idea「ちっとも良くないアイディア」ですよ。すごく違和感があるのではないでしょうか?

では英語風にIch meine nicht, das ist eine gute Idee.とやるとどうか?
これにはドイツ人の方が???っていう印象を抱くのだとか。「私は考えない・・・」そもそも考えないのっ!と。
思い起こせば、確かにこの文構造って耳にしたことがないです。

英語とドイツ語は兄弟ではないですが、従兄弟くらいの関係にはある近しい言語です。
でも文法を丁寧に学習すると、その言葉を話す国民性や文化が見えてきます。これが多言語を学ぶ楽しさの一つともいえるでしょう。

英語の得意な日本人駐在員さんにドイツ語を教えると、このkeine gute Ideeを解説する際にほぼ間違いなくビックリされますね。
頻繁にno+名詞の文を話しているわけなので。
でも当のドイツ人は平気で0(ゼロ名詞)を用いて会話しているわけです。
面白いとは思いませんか?



[PR]
by wp636 | 2017-06-12 08:15 | Comments(0)