日本語で書かれたドイツ語の辞書の秘密

日本人はよく知らない人が多いと思うのですが、日本は外国語学習のお伴・辞書がとっても充実している国です(一昔前に比べると選択肢がどんどん減ってきていますが)。

私はドイツ語を日本で比較的たくさん学習してドイツに飛び出したのですが、学習の際に日本語で書かれたドイツ語の辞書は大変役に立ちました。
今でも以下の辞書を重宝しています。
・三修社 『アクセス独和辞典』 <-- 初学者には一番のおすすめ
・同学社 『アポロン独和辞典』 <-- 内容は悪くはないのですが、装丁が甘いので壊れやすいのが難点
・小学館 『独和大辞典』(コンパクト版) <-- 安心の一冊。これは実によく出来ています。職場に持ち込んで毎日使用しています。
その他にも『クラウン独和辞典』や『ポケットプログレッシブ独和・和独辞典』も持っていましたが、必要と思われる説明がこぼれていたり、内容が薄く感じられたりしたので、引越しを機に処分しました。

さて、とても有用な独和辞典ですが、『アクセス』と『アポロン』に収録されている語彙の配列、用語、用途の解説がとても似かよっていることに学習初期の段階で気付いていました。
気にはなってはいたものの「辞書ってこんなものかなァ」くらいで流していました。

ところが!
ドイツに留学して語学学校の先生に「上級レベルになったら独独辞典を使いなさい」と言われて、Langenscheidt社の『Großwörterbuch Deutsch als fremde Sprache(外国語としてのドイツ語大辞典』を推薦されたんです。
素直な私は書店で即購入しました。早速部屋に戻ってこの辞典をぱらぱらと捲ってみてビックリ!
アクセスやアポロンの語彙選択や用語解説は、ほぼそっくりこの辞書を手本にして日本語に訳しただけであると分かったのです。
日本って外国の先進技術を効率的に吸収して、より発展させた形で市場に投入するのが得意なお国柄ですよね。
辞書にもそういった特技が発揮されていたのを知って、ちょっとショックを受けました。悪い言い方をすると“パクリ”ですからね。これって著作権の関係で、三修社も同学社もLangenscheidt社に何らかのfeeを支払っているんでしょうかね?

こんなにグローバル化の進んだ世の中ですから、Langenscheidt社の独独大辞典も日本で購入できる(お取り寄せできる)はずです。
ドイツ語を深く勉強したい人にはこの大辞典は絶対のおすすめです。ちなみにドイツで購入すると30ユーロほどします。今ならCDも付いています。充実の一冊です!

是非ご自分の目で私の発見を確かめてみてくださいね。

日本の辞書発行会社を糾弾するつもりはないですが、ドイツに来て痛感したのは「日本ってなんでも日本語で勉強できる国なのだな」ということ。これは本当に凄いことであり、有難いことなんです。
昔、語学学校でカザフスタン出身の賢い女の子と知り合いました。彼女が私に手渡した一冊のガリ版刷りでできたドイツ語参考書は大いに私を驚かせました。2010年頃のお話ですが、こんなボロボロの参考書(30年前くらいに発刊された書籍に見えた。実のところは新刊本だったらしいけれど)でドイツ語を勉強するしか手段がないの?って感じでした。彼女曰く「カザフスタンにはこれくらいしかドイツ語を解説している書籍がない」とのこと。しかもその参考書、間違いがたくさんあるらしく、ドイツに来て彼女は自分の知識を再構築しなければならなかったと。。。切ない話ですね。

だから皆さん、日本の出版社を応援する意味でも日本語で書かれた辞書など買いましょう。
私は新版が出るとドイツ語の辞書を買い足しています。そうでないと良い辞書がどんどん日本から姿を消してしまいかねない、それくらい日本の出版業界は厳しい状況なので・・・

私は今、新しい語学の勉強を始めたばかりですが、まずは日本語で書かれた参考書の攻略から始めています(日本からお取り寄せしています)。それからドイツ語で書かれた参考書へと取り掛かります。
この方法で効率よく外国語を習得し、自分のレッスンに活かしていこうと考えています。個人レッスンの指導可能言語をコツコツ増やしていこうと考えています。

[PR]
by wp636 | 2017-10-01 05:42 | ドイツ語